これまでのイベント、展示会
Home > garelly > これまでのイベント、展示会

杉本裕志ー版画展ー 「旅の備忘録」 薄れゆく山の端虫の音友の顔

2021年11月13日(土)~21日(日)月、火曜日休館
11:00~18:00(最終日~15:00)
杉本 裕志(すぎもと ひろし)
早稲田大学建築学科、同大学院卒後清水建設設計本部構造設計部入社、現在に至る
2005年版画家井上勝江氏に師事
白と黒の世界に魅せられて、旅・水辺・山をモチーフに活動
日本板画院 同人
・2011〜21 板院展(東京都美術館)
 2011「研綱賞」受賞(板院展)
・2016、18、20井上勝江と仲間達展(新宿京王プラザホテル)
・2019三人展(銀座養清堂画廊)

音浴リラクゼーションー癒しと開放ー 再び

好評により再び行いました。
たなかよしこさんによるシンギングボール、Rinoaさんによるライアー・クォーツフォンそして楽庵の自然とのコラボレーション。さらに原田しづかさんのヒーリングアートも加わって「癒しと開放」をテーマに音響浴を楽しました。
今回は第2部では移り行く黄昏時と音の響きがハーモニーを奏でました。
元有名ホテルのパティシエの朝倉牧さんのスイーツと楽庵の自家焙煎珈琲もこれまた絶品との評判。再度の開催も期待できるかも。

内山 徹 展 -追想- reminiscences

日本画家の内山徹さんの個展は好評のうちに終了しました。
沢山の方にお越しいただきありがとうございました。
会期:2021年10月19日(火)~31日(日)月曜定休
時間:11:00~18:00
内山さんは、横浜ベイシェラトンのラウンジの壁画を制作されたかたです。最近は月、富士山などをモチーフにインスピレーションを与えてくれるような印象的な画風です。今回は、風景画や水彩画も加え、-追想-reminiscencesをテーマに作品を展示していただきました。
内山徹 facebookはこちら
1964 神奈川県茅ケ崎に生まれる
1990 東京藝術大学大学院修了
1998 横浜ベイシェラトンタワーズラウンジ壁画制作
2001~ 個展 横浜ベイシェラトンタワーズ
2020 「四季の風景スケッチ」を全国出版
2021 ネオジャパネスク3出展示 渋谷ヒカリエ
後列右から二番目が内山さん

「心の病」は自分で治せる―ひなた美由紀先生の出版記念トークイベントを10月2日開催されました。

統合失調症で入院したことから始まる30年間に及ぶ向精神薬との闘いの日々-新しい輝く人生を取り戻すための壮絶なドキュメント

音浴リラクゼーション体験会、皆さん癒されました。

たなかよしこさんによるシンギングボール、Rinoaさんによるライアー・クォーツフォンそして楽庵の自然とのコラボレーション。さらに原田しづかさんのヒーリングアートも加わって「地・水・火・風・空」をテーマに音響浴を楽しみいただきました。
なんと横になって聴くんです。振動も床からじかに伝わるんです。
体験者からは「心から癒された。鳥の声、風の音との共鳴が素晴らしかった」などの感想が寄せられています。
元有名ホテルのパティシエの朝倉牧さんのスイーツと楽庵の自家焙煎珈琲も大好評。
次回もあるかも。

着物の着付け教室

松本しゃこ先生による着物の着付け教室がありました(4月15日)。
当店のギャラリーはこのような使い方もできるんですね。
皆さん、楽案のテラスで笑顔の撮影会。お隣の常楽寺でもナイスショットの連発でした。
楽庵のテラスをバックに
左側が松本しゃこ先生
お隣の常楽寺にて
お隣の常楽寺にて

心と身体が喜ぶ癒し会 第2回、第3回

心とからだ喜ぶ癒し会

沢山の方にいらしていただきました。
腸セラピー、リフレクソロジー、全身マッサージなどを行った後、ガレットやコーヒー、ぜんざいなどを召し上がっていただきました。
皆様kら次回の開催の要望も頂きました。お知らせはトップ時に掲載します。

松本秀二水個展「風を感じて」7月4日~7月18日(水・木曜日定休)

沢山の方にお越しいただきました。
風景の涼しさと人の温かさが感じられる作品でした。
松本さん、個展ありがとうございました。

土と彩の共演「安藤敏彦展」

安藤敏彦(瀬戸)

涼風を呼ぶガラス展

沖口こずゑ、高山浩子(瀬戸)

「粉引と赤絵展」

井上塁(笠間他)

夏のおもてなしに「染付・色絵展」

伊藤嘉英(横浜)、田代尚照(瀬戸)、相沢博(益子)

涼を呼ぶ「ガラスの器展」

詫摩まり(鎌倉)、沖口こずゑ・高山浩子・(瀬戸)、若子雅臣(土岐)

永田隆郎 赤絵の世界

永田隆郎(京都)

粉引と赤絵展

三木忠(土岐)・黒岩卓美(多治見)
お問い合わせフォーム
PAGE TOP